紛争鉱物不使用に関する弊社方針

YAMAKIN株式会社(以下、ヤマキンという)は、企業の社会的責任を果たすため、人権を尊重し、関係法令を順守致します。原材料調達において紛争やテロへの資金提供など非人道的行為に関わらないよう、基本方針を定めます。

  • 1.(総則)
    ヤマキンは、EICC(電子業界行動模範)及びOECD(経済協力開発機構)の指針に賛同し、当社製品に使用する原料調達において、紛争地域であるコンゴ民主共和国および周辺国から産出される紛争鉱物(スズ、タングステン、タンタル、金)の不使用に努め、非人道的行為(強制労働、児童労働、虐待行為など)やテロ行為、マネーロンダリングなどの反社会的行為への協力、支援、援助など一切の関与をしない事を基本方針として取り組む。 金製品加工用原料、金精錬に係る金含有原料(以下原材料)の調達に関してリスク管理を行い、紛争地域を由来とする紛争鉱物が原料であることが判明した場合は、取引を中止する。 ヤマキンでは、EICC-CFSプログラムに基づき、独立した第三者機関による監査を受審し、継続的な監視を行う。
  • 2.(組織および責任)
    原材料の調達に関して、原料調達部門および管理責任者を定める。
  • 3.(高リスクな原材料調達の特定)
    原材料およびサプライヤーについてOECD デュー・ディリジェンス・ガイダンスに添ったリスク調査を実施し、コンゴ民主共和国およびその周辺国に由来する原材料の取り扱い先を高リスクの調達先と判断し、紛争鉱物と判明した場合は取引を中止する。
  • 4.(取引のモニタリングと記録)
    原材料のサプライヤーには、この紛争鉱物不使用に関する基本方針の認識と協力を求め、受け入れを行う金原料は現物確認、重量測定などによりサプライヤーから入手した情報との整合性を常に監視し、必要な記録を適切に保管管理する。
  • 5.(教育訓練の実施)
    原材料の調達に関わる部署要員に対し、必要と定めた教育訓練を継続的に実施する。
  • 6.(第三者機関による監査の実施)
    原材料のサプライヤーに関する調査、金原料受入に関する紛争鉱物を持ち込まない体制および監視体制について、定期的に独立した第三者機関による監査を受審する。
  • 以上


    2014年 2月 28日 制定 
    2017年 7月   1日 改訂 
     
    YAMAKIN株式会社 
    代表取締役社長 
    山本 樹育  





    YAMAKIN株式会社